Our Style ジェネックスパートナーズのコンサルティング

私たちの成果物は財務成果です

私たちは、徹底して現場に入り一緒に考え共に汗を流しながら成果を出すスタイルを、創業以来大切にしています。現場で考え議論することで納得感ある意思決定を行い、必要とあれば、私たち自身が実務を行うことで手本を見せることもあります。私たちのこだわりは、「現実の成果」です。

リーダーシップチームのプロフェッショナルたちは、いずれかのインダストリ・ファンクションプラクティスに所属し、定期的に業界動向の分析を行い、高い専門性と業務知識・経験を持ちながら、世の中に対して継続的に新しいコンセプトを発信し続けています。ハンズオン型のスタイルと高い専門性の組み合わせにより、抽象的でない具体的な実行支援を行っています。

ハンズオン型ターンアラウンド(企業、事業の再生)

私たちは、企業や事業の改革、再成長を支援します。私たちは現場に入り、時にはクライアント企業の中にデスクを置きながら、ライン業務(実務そのもの)も受託することで、クライアント企業、事業、業務の改革を主体者として推進します。一方で、私たちは、従来の伝統的な戦略コンサルティング的アプローチも重視しています。なぜなら、どれほど実行がすばらしくても戦略的方向性が間違っていた場合、多くの実行が実らないということが一点。もう一つは、「戦略かインプリか」という二元論は提供者側の分類であり、クライアントの問題解決には本質的には関係ないからです。私たちは、クライアントにとって必要なものを提供すべきであると考えています。

最近では、経営者からの直接の依頼のみならず、投資ファンドや金融機関からの依頼も増え、企業の組織変革や、事業の改革や再成長支援は私たちの最も大きな事業の柱となっています。

経営企画機能のアウトソーシング

最近の私たちのプロジェクトの傾向は、部分的な課題ベースのものから、経営全般を支援する全社改革支援型に変わってきています。これは、従来のように、スコープを限定した部分的な課題解決だけでは、変化の大きな事業環境に立ちゆかなくなってきたからです。私たちが4年にわたってご支援した「あきんどスシロー」様のケースでは、ジェネックスパートナーズが「経営企画のアウトソース先」として、中期にわたって経営全般の課題を手がけてきました。

一般に、事業会社の組織形態は、「平常時」を前提として編成されています。このため、「改革時」においては、期間限定で突発的なパワーや高い専門性が必要となります。私たちはクライアントの経営企画組織のアウトソーシング先として「改革プロジェクト」全般に関わり、その都度発生する課題やテーマに応じて長期にわたり継続的な支援をしています。

戦略策定支援コンサルティング

私たちの出自は、グローバル戦略コンサルティングファームです。従って、ポートフォリオ戦略、M&A戦略、新規事業戦略、事業計画策定、ブランド評価、事業評価(デューディリジェンス)、マーケティング戦略、プロセス改善、コスト削減など一連の戦略コンサルティングサービスも主要な支援サービスの一つです。

しかし、私たちは、戦略立案だけでなく、その後の実行フェーズ支援を前提に戦略を組み立てます。従って、私たちの戦略は、現実的で、手触り感のある提案にこだわっています。

このような私たちのハンズオンスタイルが評価され、最近では、逆に、新規事業の立ち上げ支援など、高い専門性が求められるプロジェクトや、非常に抽象度の高いアンストラクチャーなテーマに対する戦略コンサルティングの仕事が増えています。

シックスシグマの導入

シックスシグマの導入は、ジェネックスパートナーズ創業からの主要サービスであり、今でも日本を代表する数多くの企業に対して支援を行っています。また、最近では、日本を超え、アジア全域においてプロジェクトは広がり、海外との連携を軸としたジェネックスパートナーズのシックスシグマ導入支援はグローバルスタンダードになっています。

私たちのシックスシグマ導入支援の特徴は、決められた方法論を導入する従来型のものとは異なり、クライアント固有の事情に応じて柔軟にカスタマイズするところです。その結果、最近では業種、業界を超え、小売業や金融業、営業改革やマーケティングにも導入されています。

ジェネックスパートナーズの最大の強みは、他には類を見ないほどハイレベルな人材を揃えており、コンサルタントが導入経験者、あるいは有資格者であることです。その結果、私たちのサービスは、現在、日本で最も確実な成果をお約束できるものとなっています。

経営アドバイザリー

経営課題の解決は、課題が顕在化してくるたびにプロジェクト化を行う非常時の対症療法型の課題解決から、日々の経営において、いかに正しい意思決定を持続的に行うかという、予防医療型へ広がってきています。

このタイプの課題対応は、いざというときの資金的な奮発力が少ない中小企業においては、特に賢明な選択といえます。

私たちジェネックスパートナーズは、従来の大企業のみをターゲットとしたコンサルティングから、中小企業に対しても利用しやすいソリューションパッケージを開発したり、特に、非常時の備えとして、定期的な訪問型による経営顧問サービスにも事業領域を拡大し、多くの中小企業、あるいは、現時点で資金的な余裕がない企業等がこのサービスを利用しています。

Our Style

  • Our Style