Clients & Services 業種別のサービスと実績

化学・素界

化学・素材産業は、サプライチェーンの最上流に位置する業界として、世の中の大きな変化の影響が最初に表れ意識される業界です。長期的な変化としては、新興国の台頭や環境規制の強化、資源の制約などが挙げられます。足元の変化としては欧米の金融危機に端を発する世界景気の減速などがあります。化学・素材業界は、長期的な変化と足元の変化の両方のバランスを取りながらの対応が求められます。長期的な変化によってもたらされる課題としては、汎用品の合理化、高機能品の開発と市場への浸透、エコマテリアルや省資源製品の開発、生産プロセスの更なる省エネルギー化などが考えられます。足元の変化に対しては個別に対応策を考えるのではなく、変化が起きた時に即応できるような体制を構築しておくことが必要です。海外の需要と生産の情報を一元化できる仕組みの構築や最終製品の動向を把握する能力の向上などが考えられます。化学・素材産業では、「製品」と「組織内の仕組み」、この2つのイノベーションを起こすことが、大きな価値創出に繋がるのです。

  • コンサルティングテーマ

    1. R&Dの仕組みの構築

    顕在化しているシーズやニーズなどの把握をする仕組み作りだけでなく、製品のライフサイクルや最終消費者が利用する際の省エネ、省コストまで考慮した提案型の製品を検討できる仕組みの構築や、イノベーションを起こしやすい組織体制や人材配置などにまで踏み込んで支援しています。

    2. オペレーショナルエクセレンスの追求

    製造プロセスへのアプローチだけでなく、情報収集から意思決定、現場での実行につながるマネジメントの仕組みまで含めた支援を行います。

    3. M&A

    「M&A」に関しては欧米メジャーへ対抗するためや汎用品の合理化など様々な意図が考えられますが、大切なのはM&Aの目的をしっかりと実現させ、その効果を早期に刈り取ることです。弊社では、M&Aは契約書を交わしてからが最も重要な局面と考え、PMI(Post Merger Integration)におけるシナジーの最大化、早期化を図るための支援を行っています。

  • サービスの特徴

    再現性を担保する仕組みの構築

    我々は戦略等のプランニングではなく、実行、つまりそこで実際に活動をする「人」に焦点を当てて支援をしています。イノベーションを実現させるのは多数のデータや深い分析、詳細なアクションプランではありません。そこで活動している一人一人だと考えます。しかし、そこで活動している人だけにアプローチすることもありません。単に人にアプローチするだけでは“個人頼み”となり、組織として備えなければならない再現性や再生産性を担保できないからです。そこで働く個々人の力、スキルや意思、意欲を最大限に引き出し、個々人がそれぞれに生み出す成果がぶつかり合うことでより大きな組織の成果になり、さらにその組織の成果が次の成果の土台になる。そういった仕組みを構築することで、イノベーションが継続的に実現できる組織への変革を支援します。

主な事例

CASE 01

事業のターンアラウンドプランの立案

大手化学メーカー(電子素材部門)

成果:事業で利益が出ていない要因を構造的に分析し、手当の順番・方針を各担当部門長と包括的に立案

CASE 02

サプライチェーンの効率化

大手素材メーカー

成果:需要変動により利益が大きくばらついてしまっていた状況を、需要情報の精度向上、生産リードタイムの短縮、調達の再構築、在庫コントロールの手法の見直し等を実施し、需要変動が利益に与える影響を大きく軽減

Clients & Services

  • Clients & Services
  • Voice of Clients
  • 業種別のサービスと実績