Careers 澤村 泰一

澤村 泰一

澤村 泰一 シニア・コンサルタント

岐阜大学大学院 農学研究科農地環境工学専攻 修士課程修了
国内大手金融機関にて、主に、業務プロセスの改善とそれに伴うITシステム開発や、社内システム開発プロセスの見直し、システム設計文書体系の再構築等に従事。 その後、2014年にジェネックスパートナーズに参画。
国内大手金融機関における組織変革プログラムの導入支援、フランチャイズマネジメントモデルの策定支援等の案件を手掛けた。

  • 前職ではどんな仕事をしていましたか?

    主に、システム部門にてITシステムの開発・保守に従事していました。SFAの様な営業系システム、契約管理系の基幹システムまで幅広く担当していましたが、一言で表現すると、「各部門の業務上の課題をシステム開発という手段を使って解決する」という仕事です。
    システム開発は、各部門の現状や課題を正しく理解することがスタート。そこが疎かになると、そもそも何のためのシステムなのか分からなくなってしまいます。そのため、強く意識していたのは、「システムをどうつくるか」より「業務はどうなっていて、どうしたいのか」ですね。
    そういうスタンスで仕事をするうちに課題解決の奥深さに魅せられ、「課題解決のプロとして、世の中に貢献したい」と思うようになりました。それが、転職のきっかけであり、コンサルティング業界を選んだ理由です。

  • GENEXを選んだ理由は何ですか?

    GENEXを選んだ理由はいくつかありますが、その中でも最も大きかったのは、「成果へのこだわり、現場へのこだわり」です。
    私は、前職の時から、組織としての現実的な成果は、現場にいる個々人がいかに力を発揮できるかに左右されると強く感じていました。なぜなら、組織は人の集まりであり、組織としての活動も人が動いてこそだからです。
    GENEXは、現実的な成果の創出にこだわり、そのために、現場が動くという事を非常に大切にしていて、現場とのコミットメントを重視します。
    その様な明確なスタンスに魅かれ、共感し、GENEXを選びました。

  • GENEXで苦労したことを教えてください。

    苦労したことは、非常にたくさんありますね(笑)
    ただ、苦労というよりは、GENEXのコンサルタントとして仕事をする上で乗り越えるべき「壁」と表現した方が適切かもしれません。
    そんな壁の中でも、今でも難しさを感じるのは、やはり「人を動かす」ということです。
    支援の現場では、どれだけ立派な建てつけや論理があっても、それだけでは人は動かないということを痛感します。
    人には、それぞれに思いがあり、その思いこそが行動の原動力です。クライアントの「こうなりたい、こうしたい」というリアルな思いを起点にするからこそ、クライアントを主人公とした物語として、本当の意味でプロジェクトの歯車が回っていくものだと思います。
    どのようなプロジェクトであったとしても、その本質は変わらないものであり、「クライアントのリアルな思い」に軸足を置いた支援の大切さを日々噛みしめています。

  • GENEXで働いていて一番楽しかったことは何ですか?

    一番楽しかったことというより、一番うれしかったことと表現した方が適切かもしれませんが、やはり、クライアントの皆さまからの「ありがとう」の言葉ですね。
    「GENEXさんだからこそ、一緒にここまで出来た。ありがとう」と仰って頂いた時には、その場で涙がこみ上げてきました。
    クライアントの皆さまと、共に喜びを分かち合い、共に壁を乗り越えた先に感じる「家族の様な一体感」が、私の心に鮮明に残っていて、私の原動力になっています。

GENEXを「一言」で言うと、どんな会社ですか?

澤村 泰一

クライアントのことを“御社”ではなく“当社”と言える、プロフェッショナル達。
気持ちをクライアントサイドに入れ、徹底的にやり抜く。
ここには、それができる仲間の支えと、風土がある。

Careers

  • Careers
  • コンサルタントの横顔
  • 募集要項
  • よくあるご質問
  • 応募方法