Careers 發知 仁志

發知 仁志

發知 仁志 シニア・マネージャー

工学部卒
国内系経営コンサルティングファームにて、商社、消費財、化学・素材、エネルギー等の業界のクライアントに対する、事業戦略策定、M&A戦略策定・実行支援、経営改革・事業再生等の支援に従事。その後、投資会社、精密機器メーカーへの出向を経て、ジェネックスパートナーズに参画。
ジェネックスパートナーズでは、PEファンド投資先の経営改革、大手地方銀行のマーケティング改革、大手化学メーカーの事業診断等に従事。戦略・計画策定から実行・定着まで一貫した支援を求められるケースを多く手掛ける。

  • 前職ではどんな仕事をしていましたか?

    PEファンドの投資先である精密機器メーカーに、執行役員経営戦略室長として出向し、CEO直属の推進責任者として経営改革を主導。事業診断やコスト削減、営業生産性向上等による早期の業績回復実現から、マーケティング改革を起点とした新規市場開拓により業績を再成長軌道に乗せるまで、に一貫して携わっていました。

  • GENEXを選んだ理由は何ですか?

    経営改革に関する多様な方法論やインサイトを豊富に蓄積していることに加えて、それらの蓄積を具体的な経験を踏まえて体現出来るプロフェッショナルが集まっている組織だと感じたからです。
    前職までに経営コンサルタント、投資家、実際の推進責任者と、様々な立場・視点から経営改革に携わってきましたが、そこで実感とともに学んだのは、1つとして同じ改革ニーズは存在しないという事でした。全ての改革現場が独自の歴史・背景を持ち、固有の課題を抱えていますし、また課題解決に取り組む方々もそれぞれに多様な志や想いを胸に改革に挑んでおられます。
    そのこと自体は少し考えてみれば当然のことではあるのですが、実際にそういった多様な改革ニーズに十分なクオリティで応え切る経営改革パートナーとなり得るファームは非常に貴重な存在であるというのが、嘘偽りのない私自身の実感です。
    手前味噌的ではありますが、我々ジェネックスパートナーズはそういったニーズに応えることが出来るファームであると思います。

  • GENEXで苦労したことを教えてください。

    正直に言えば、改革プロジェクトの現場では、常に苦労の連続です。
    口幅ったい物言いではありますが、改革のパートナー足らんとするには、改革主体であるクライアントについて、クライアント自身よりも深く把握・理解していなければなりません。
    例えば、外側を見る視点では、クライアントにとっての顧客を理解し、市場の変化をクライアントの半歩先に想定しておくこと。内側を見る視点では、マネジメントチームとミドル層、現場との、意識や実態の様々な“ズレ”を具体的な事例とともに把握しておくこと、がそれぞれ重要になります。少なくとも、常にそうあろうとしなければ、クライアントと共に改革のスタート地点に立つことすら出来ないわけです。
    クライアントは自社事業について、その道のプロであり、そういった方々にとって信頼に足る改革のパートナーであろうとするのは、生半可なものではなく、当然苦労の連続になります。ただ、この苦労が実際に辛いのか、と問われるとそうでないというのが私自分、不思議なところではあります。この苦労こそが醍醐味というところかもしれません。

  • GENEXで働いていて一番楽しかったことは何ですか?

    やりがいを感じるのはやはり、改革が進捗していき、成果が次々と実現していく瞬間です。
    改革が進捗すると、黒字化や最高益達成の実現といった財務面での成果が得られるので、そのことがクライアントに与える正のインパクトは明確で、これだけでも十分にやりがいを感じます。
    それに加えて、成果が実現していく中で、現場からマネジメントチームまで一貫して、“自分たちに素晴らしい変化が起きている”との共通認識を持つ瞬間があり、この瞬間に立ち会えることが本当にやりがいになっています。

GENEXを「一言」で言うと、どんな会社ですか?

發知 仁志

Careers

  • Careers
  • コンサルタントの横顔
  • 募集要項
  • よくあるご質問
  • 応募方法